ds5

前走国内の芝1200で2番人気以下【0-1-1-23】
アンヴァル
エスターテ
ジョイフル
スマートオーディン
ティーハーフ
ディープダイバー
ニシノラッシュ
ハッピーアワー
ラヴィングアンサー
ロジクライ

ミッキーアイルやダイアナヘイローのようにスピードに物を言わせて1分20秒ぐらいで逃げ切ってしまうパターンにならない限り、開幕週でそれなりに速い時計は出る馬場だとしても芝1200組は厳しいと見るべきでしょうか。今年の芝1200組は前述2頭のように先行力でねじ伏せるタイプは少ないですからね。


矢作芳人&昆貢厩舎を除く前走芝1400で2番人気以下【0-0-0-15】
サフランハート
ストーミーシー
フィアーノロマーノ

阪神Cと阪急杯は同じ阪神芝1400でも性質が違うといった話を何回かしたことがありますが、阪神Cで上位に入るような馬や阪神Cの結果を受けて阪急杯で評価される馬は面白いように飛んでいます。1番人気のミスターメロディー、シュウジ、コパノリチャードが7、8、6着、2番人気のロサギガンティアが9着、3番人気のダイアナヘイローが6着といった具合に掲示板に載ることができませんでした。阪神芝1400実績を買われてフィアーノロマーノが人気になるなら要注意でしょうか。鞍上(予定)については以下略。

前走京都以外の芝1600(8月~2月)【0-0-1-15】
クリノガウディー

クリノガウディーはワンペース気味のマイルG3だとあと一歩というところまで食い込んできてますね。1600でギリギリ足りないなら1400でどうかという感じでしょうか。一定のレベルに達していることは確かですが、京都以外のマイル組は苦戦していて東京組は概ね人気通りになりやすいことが難点ですね。一部の例外を除いてマイル組も×とします。

池江泰寿厩舎を除く前走6番人気以下【0-1-0-49】
エスターテ
サフランハート
ストーミーシー
ティーハーフ
ディープダイバー
ニシノラッシュ
ハッピーアワー
ラヴィングアンサー
ロジクライ

6歳以下かつ前走17頭以下で4角1~6番手【0-0-1-20】
クリノガウディー

前走国内の芝1200で4角3番手以下【0-1-1-23】
アンヴァル
エスターテ
ジョイフル
スマートオーディン
ティーハーフ
ディープダイバー
ニシノラッシュ
ハッピーアワー
ライラックカラー
ラヴィングアンサー
ロジクライ

前走1着【0-0-0-7】
ベストアクター
ライラックカラー

毎週ディープインパクト産駒に面白いようにやられているので阪急杯もベストアクターでいいんじゃないですかね(白旗) 阪急杯は毎年ごちゃ~っとするので器用なことができるタイプは評価したくなります。

ただ、前走1着馬は5着前後に落ち着きやすく、勢いやコース実績があっても注意が必要です。阪急杯は実績馬の見直しがテーマとなっているレースであり、ここ数戦の内容は目をつぶって見直せる材料をとにかく探していく方向で行きたいと思います。

前走1~3着かつ阪神芝1勝以上【0-0-0-10】
ダイアトニック
フィアーノロマーノ
ベストアクター

ダイアトニックは芝1400【5-1-0-0】で展開や馬場を問わないので非常に評価を落としづらいですね。この条件で崩れるとしたらゴチャついて自分の力を発揮できないか、鞍上と折り合いがつかずに消耗してしまうパターンのどちらかでしょうか。と思っていたのですが、前走好走していて阪神実績もあるなんかよさげな馬が×であることが気になりますね。

前走芝のミスプロ系関西馬【0-0-1-17】
アンヴァル
ジョイフル
ダイアトニック
ティーハーフ

サドンストームを除けばいずれも人気以下の着順に敗れていてミスプロ系の関西馬も苦戦しているのであれば、ダイアトニック以外の馬から入る手もありでしょうか。

前走4角4番手以下の関東馬【0-0-1-14】
エスターテ
ステルヴィオ
ストーミーシー
ベストアクター
ライラックカラー

安田記念からの参戦例がないのでステルヴィオは例外的な存在になりますね。G1や2000m以上でなければ安定していて、距離短縮やスピード勝負にも強く、鉄砲駆けもするのでステルヴィオに飛び付きたくなる衝動に駆られますね。

非常に悩ましい存在ですが、ある程度の位置で脚を溜めるような競馬をしていた関東馬はやや頼りないですね。レッドファルクスでも3着までとなっているので今回は様子見にしておきます。

ナスルーラ系【0-0-0-5】
ニシノラッシュ
レインボーフラッグ

レインボーフラッグはマイルだと良いところでパタッと止まってしまいますね。1200も忙しいのかやや足りません。昨年のレッツゴードンキのようにその中間である1400なら前進してきそうですね。2走前の阪神Cは進路がなくなってしまいましたが、持ったままの手応えでゴールしてますからね。鞍上(予定)も好調松山騎手というのも魅力です。トニービン系であることを理由にノーカンにしようかと思いました。

前走3番人気以下かつ前走より斤量1.0kg以上増【0-1-1-16】
サフランハート
ディープダイバー
ラヴィングアンサー
レインボーフラッグ

が、斤量増だった馬は勝ち切るまでに至っておらず、ここ数走のように後方一辺倒になってしまうと厳しいでしょうね。とにかくゴチャつきやすいレースなので昨年のスマートオーディンのように最初から内の利を捨てるぐらい思い切られるとそれはそれで怖いのですが・・・。

生存数【5-4-2-0】 生存馬:マイスタイル
前走はゴールまでスピードが要求されるレースで内の利を生かすこともできず脚を使わされてしまい大敗してしまいましたが、大敗をしてもしれっと巻き返してくる馬ですからね。芝1400でダイアトニックと差し比べをしてタイム差なしに食い込むほどの馬なので引き続き要注目でしょうか。そろそろ深追いをやめた方が良いような気もしますけどね(小声)

全体1着2着3着着外1着率2着内率3着内率単勝回収率複勝回収率
20204451216.0%32.0%52.0%50.0%87.2%
20195737298327.7%45.6%59.7%76.3%87.2%
20183829129521.8%38.5%45.4%79.7%73.3%
20172815148619.6%30.1%39.9%74.7%73.5%
2016171744021.8%43.6%48.7%100.5%79.6%
通算1441026431623.0%39.3%49.5%78.8%79.2%
平地1着2着3着着外1着率2着内率3着内率単勝回収率複勝回収率
20202341110.0%25.0%45.0%38.5%83.5%
20193113165926.1%37.0%50.4%80.9%83.0%
2018221988216.8%31.3%37.4%61.9%66.2%
20172212137717.7%27.4%37.9%66.1%70.8%
2016151443721.4%41.4%47.1%107.4%79.7%
通算92614526619.8%33.0%42.7%73.8%74.5%
障害1着2着3着着外1着率2着内率3着内率単勝回収率複勝回収率
202000000.0%0.0%0.0%0.0%0.0%
2019403340.0%40.0%70.0%68.0%104.0%
2018511350.0%60.0%70.0%117.0%86.0%
2017411440.0%50.0%60.0%106.0%94.0%
2016230228.6%71.4%71.4%45.7%90.0%
通算15551240.5%54.1%67.6%87.3%93.8%
地方1着2着3着着外1着率2着内率3着内率単勝回収率複勝回収率
2020211140.0%60.0%80.0%96.0%102.0%
2019152091226.8%62.5%78.6%61.3%98.2%
2018572625.0%60.0%70.0%70.5%89.5%
20170000-----
20160000-----
通算2228121927.2%61.7%76.5%65.7%96.3%
海外1着2着3着着外1着率2着内率3着内率単勝回収率複勝回収率
202000000.0%0.0%0.0%0.0%0.0%
2019741933.3%52.4%57.1%94.3%73.3%
2018621446.2%61.5%69.2%244.6%110.0%
2017220522.2%44.4%44.4%157.8%87.8%
201600010.0%0.0%0.0%0.0%0.0%
通算15821934.1%52.3%56.8%149.5%85.5%
補足
全体=消去法全体の成績
平地=JRAの平地競走の成績
障害=JRAの障害競走の成績
地方=NARの重賞競走の成績
海外=海外競馬発売対象レースの成績
消去法の成績に関しては前週終了時点のものになります。