ds6

前走福島を除くミスプロ系【0-0-3-11】
アールクインダム
エイリアス
レザネフォール

母父ブライアンズタイム系を除く前走札幌新馬【0-0-1-13】
アールクインダム
エイリアス
レザネフォール

ノーザンダンサー系を除く前走未勝利【0-0-0-11】
カップッチョ
ゴルコンダ
ブラックホール

地方馬を除く前走9頭以上のOP【0-0-1-7】
コスモインペリウム

前走2番人気以下で2着以下【0-0-1-11】
コスモインペリウム
ヨハネスボーイ



ハーツクライ産駒を除く前走9頭以上のレースで4角先頭勝0.7以下【0-0-0-18】
アールクインダム
ディアセオリー

外国産馬を除く前走9頭以下で上がり34.5~36.5【0-0-0-11】
アールクインダム
ゴルコンダ
サトノゴールド
ブラックホール
ヨハネスボーイ
レザネフォール

前走4角5~10番手【0-0-2-11】
エイリアス
カワキタアジン
ヨハネスボーイ

前走勝0.0【0-0-0-10】
エイリアス
カップッチョ
レザネフォール

前走勝0.1の牡馬【0-0-1-6】
コンドゥクシオン

サドラー系を除く前走勝0.5以上【0-0-1-9】
カワキタアジン
ゴルコンダ

ゴルコンダは札幌1800組、少頭数、4角先頭、圧勝(ただし勝1.4以上のデータはない)と例年の地雷データに当てはまってしまうところがありますね。前走と求められることも変わってくる(上がりがかかりやすく消耗要素が一気に強くなる)ので、あのパフォーマンスをここでも出すことができれば本物でしょうね。

まあ、前走勝1.8はデータ的に未知数な存在であり、楽な手応えで刻んだラップそのものも説得力があり、ルメール騎手が引き続き手綱を取るなら逆らいづらいとも思いますけどね。

生存数【5-5-0-0】 生存馬:ダーリントンホール ◆WKR9
札幌2歳Sは絞り込みが難しくて毎年苦労しますね。しかもその甲斐もなくかすったこともないという。自分のレベルだと見ることに徹するべきなんでしょうね。

Dawn Approach産駒というと2017年にタイム差なし2着したファストアプローチがいますね。時計の出る馬場から時計のかかる馬場でも対応したようにこの条件では注意は必要なんでしょうね。

消去法成績1着2着3着着外1着率2着率3着率単勝回収率複勝回収率
20193421155028.3%45.8%58.3%76.3%83.4%
20183829129721.6%38.1%44.9%78.8%72.4%
20172815148419.9%30.5%40.4%75.7%74.5%
2016171744021.8%43.6%48.7%100.5%79.6%
通算117824527122.7%38.6%47.4%80.7%76.6%
補足
消去法のデータについては札幌2歳S2019 予想用過去成績データ傾向まとめを使用して更新しています。消去法の成績に関しては前週終了時点のものになります。前走クラスの扱いについては前身のレースに合わせて対応しています。