tokei

安田記念2018の最終追い切りの時計を一覧にしました。安田記念に出走する各馬の調教をチェックして有力馬や穴馬の取捨にご活用ください。

馬名コース状態備考調教タイム評価
11スワーヴリチャードCW単走92.077.363.050.137.211.8A
12サトノアレス南W2併--69.053.139.112.4C
23ダッシングブレイズCW単走-85.368.653.839.211.7D
24アエロリット南W単走--69.053.839.812.9B
35ペルシアンナイトCW2併-85.068.452.638.711.5C
36レーヌミノルCW3併-82.065.350.837.512.2C
47ウエスタンエクスプレス東ダ単走---54.838.212.1B
48キャンベルジュニア南W2併---52.037.613.1B
59レッドファルクス南D2併--67.852.037.812.0C
510モズアスコット栗坂単走-------
611リアルスティール栗坂2併--51.737.724.411.9B
612ヒーズインラブCW単走-83.766.351.838.011.8B
713ブラックムーンCW単走-84.967.452.738.712.4D
714リスグラシュー栗坂単走--53.638.324.411.9A
815サングレーザー栗坂単走--57.641.627.013.2A
816ウインガニオン栗坂単走--54.239.025.012.2C
追い切りを見て
安田記念2018の追い切りや調整について触れていきたいと思います。


1枠1番 スワーヴリチャード

2018/05/30(水) CW 良 単走 92.0 - 77.3 - 63.0 - 50.1 - 37.2 - 11.8
評価:A

乗り込み量が豊富で、中間も最終もかなり速い時計を出しています。強いてケチをつけるとしたら、最終追い切りで好時計を出していた皐月賞や有馬記念で敗退しているということぐらいでしょうか。

1枠2番 サトノアレス

2018/05/30(水) 南W 良 2頭併せ 69.0 - 53.1 - 39.1 - 12.4
評価:C

東京新聞杯と京王杯SCの中間ぐらいの時計だと思いますが、強調できる材料は多くないように思います。あとある程度レース間隔をあけて調教本数が増えると買いというタイプかもしれません。

2枠3番 ダッシングブレイズ

2018/05/30(水) CW 良 単走 85.3 - 68.6 - 53.8 - 39.2 - 11.7
評価:D

小倉大賞典から徐々に時計が悪くなっている感じです。

2枠4番 アエロリット

2018/05/30(水) 南W 良 単走 69.0 - 53.8 - 39.8 - 12.9
評価:B

時計や動きを見る限りでは調子をキープできているように思います。ちなみにいつものごとく菊沢隆徳調教師が手綱を取っています。

3枠5番 ペルシアンナイト

2018/05/30(水) CW 良 2頭併せ 85.0 - 68.4 - 52.6 - 38.7 - 11.5
評価:C

1週前にしっかり追って時計を出して最終追い切りで仕掛ける(強めに追われる)というパターンは2歳のアイビーS以来になりますね。1週前が物足りず帳尻を合わせるような内容だと思ったら本当にその通りの指示だったとは・・・。前走、前々走と比べると調整に難ありかなという感じです。

3枠6番 レーヌミノル

2018/05/30(水) CW 良 3頭併せ 82.0 - 65.3 - 50.8 - 37.5 - 12.2
評価:C

数値的にはもうこれ以上の上がり目は見込めないようにも思いますが、最終馬なり以外だと阪神JF3着、FR2着、マイルCS4着とそこそこ結果を出しているんですよね。強調できる材料はこのぐらいかなあ。

4枠7番 ウエスタンエクスプレス

2018/05/31(木) 東ダ 稍 単走 54.8 - 38.2 - 12.1
評価:B

追い切りの動画を見る限りでは大型馬であることを感じさせない動きですね。少なくとも輸送の影響はないように思います。

4枠8番 キャンベルジュニア

2018/05/31(木) 南W 重 2頭併せ 52.0 - 37.6 - 13.1
評価:B

ラスト1Fの数字が若干気になりましたが、本数少な目、上がりがかかるパターン、時計が遅いパターンでも好走歴があるので調子落ちという訳ではないと思います。

5枠9番 レッドファルクス

2018/05/30(水) 南D 良 2頭併せ 67.8 - 52.0 - 37.8 - 12.0
評価:C

お馴染みのダートコースでの調整です。昨年の安田記念や2016年のスプリンターズSは全体の時計も上がりも完璧でしたが、今年の阪急杯や今回の安田記念は明らかに物足りないんですよね。仕掛けどころは反応がよく動きそのものは決して悪くないのですが、時計がそのまま結果に結びついてきた馬なのでピークアウトしつつあるのかなという感じです。先週のエポカドーロには時計を出す必要があるかどうかについて改めて考えさせられましたけどね・・・

5枠10番 モズアスコット

2018/05/31(木) 栗坂 稍 単走
評価: -

連闘のためキャンターでの調整。

6枠11番 リアルスティール

2018/05/30(水) 栗坂 良 2頭併せ 51.7 - 37.7 - 24.4 - 11.9
評価:B

追い切りと結果が連動しないタイプだと思うので改めて言いたいことは特にありません。時計的には上々だと思います。

6枠12番 ヒーズインラブ

2018/05/30(水) CW 良 単走 83.7 - 66.3 - 51.8 - 38.0 - 11.8
評価:B

中間の乗り込み量がとにかく豊富で、いかにもここを目標に仕上げてきた感じがします。それだけに最終が一杯に追われた割にあまり時計が出ていないことが気になりますね。時計が出ていなくても直線だけの競馬で鮮やかに差し切っていることもあるので低評価にはできませんが・・・

7枠13番 ブラックムーン

2018/05/30(水) CW 良 単走 84.9 - 67.4 - 52.7 - 38.7 - 12.4
評価:D

戦績の通り調子落ちだと思います。

7枠14番 リスグラシュー

2018/05/30(水) 栗坂 良 単走 53.6 - 38.3 - 24.4 - 11.9
評価:A

前に馬がいたことがちょっと気になりましたが、時計そのものは思っていたよりも出ています。ローテを考えるとこれはかなりの好時計ではないでしょうか。

8枠15番 サングレーザー

2018/05/30(水) 栗坂 良 単走 57.6 - 41.6 - 27.0 - 13.2
評価:A

日曜日(もしくは土曜日)にしっかり追って水曜日は軽く流して終わるというお馴染みの調整パターンです。なので最終追い切りの時計が遅くても全く問題ありません。20日、27日とかなりの好時計を出しているので好調をキープしているように思います。

8枠16番 ウインガニオン

2018/05/30(水) 栗坂 良 単走 54.2 - 39.0 - 25.0 - 12.2
評価:C

可もなく不可もなくという感じだと思います。

まとめ
人気どころであるスワーヴリチャードとサングレーザー、強行ローテを得意と自負した矢作厩舎のリスグラシューが有力だと思います。この中からあえて1頭選ぶとしたらローテや相手強化で嫌われた感のあるリスグラシューですかねえ(自信皆無)。少なくとも調子落ちしている訳ではないと思うけどなあ。

参考サイト
・JRA 出走予定馬調教映像
http://www.jra.go.jp/keiba/thisweek/2018/0603_1/training.html