ds6

ナスルーラ系を除く54.0kg【0-1-2-15】
カラクレナイ
ストーミーシー
ベステンダンク
マサハヤドリーム

56.0kg【0-0-0-17】
アメリカズカップ
ケントオー
レッドアンシェル

マンハッタンカフェ産駒は年明け初戦がとても得意なイメージなんですけどねえ。芝でもダートでも短距離でも長距離でも海外でも1年半ぶりでもとにかくよく来ていると思います。

が、京都金杯は56.0kgが大苦戦中なんですよね。上がり馬のフルーキー、OPを圧勝したブラックムーン、京都芝1600【2-0-0-0】のエイシンブルズアイ、重賞勝ち馬のメイケイペガスターにマイネルハニーらが馬券外に敗れています。アメリカズカップやレッドアンシェルは展開的に向きそうなんですけどねえ・・・

57.5kg【0-0-1-5】
ウインガニオン
クルーガー

・ウインガニオン
57.0kgでパラダイスS(OP)1着、中京記念(G3)1着、関屋記念(G3)2着
ハンデ57.5kg←わかる

・クルーガー
56.0kgでマイラーズC(G2)1着、57.0kgで富士S(G3)3着
ハンデ57.5kg←57.0kgでよかったのに(贔屓)

ちなみにトップハンデの成績は【0-1-2-4】で、

01番人気【0-0-0-2】
03番人気【0-0-0-1】、
05番人気【0-0-2-0】
06番人気【0-1-0-0】
14番人気【0-0-0-1】

上位人気になると×で落ち着いた人気だと△となっています。ひょっとして近走の内容から見直されそうなクリーガーよりも夏馬と思われて手ごろな人気になりそうなウインガニオンの方がチャンスかも・・・?

牡6【0-1-0-15】
ウインガニオン
クルーガー
ケントオー
ダノンメジャー
ブラックムーン
ベステンダンク
マサハヤドリーム

どのみち57.5kgのグランデッツァが5着に敗れていたりして牡6はダメみたいですね(諦め) 数年前まで牡6が好調だったんですけどね。データのトレンドも変わってきているということかもしれません。

前走阪神を除く7歳【0-0-1-7】
スズカデヴィアス
マイネルアウラート

牡9【0-0-0-7】
該当なし

ノーザンダンサー系【0-0-1-9】
カラクレナイ
マサハヤドリーム

関東馬【0-0-2-14】
ストーミーシー
マイネルアウラート

前走1600万下【0-1-0-8】
ストーミーシー

前走OPで負0.3-0.4を除く【0-0-3-26】
ベステンダンク
レッドアンシェル

牝4を除く前走中山【0-0-0-7】
該当なし

前走中京【0-0-0-5】
ケントオー
スズカデヴィアス

ディープインパクト産駒を除く前走東京【0-0-2-12】
ストーミーシー
マイネルアウラート

前走1400以下【0-1-3-15】
カラクレナイ
ストーミーシー

前走1着【0-1-1-14】
ストーミーシー
レッドアンシェル

ロベルト&ナスルーラ系を除く前走負0.0-0.2【0-0-3-15】
該当なし

牡7を除く前走10着以下【0-0-0-18】
アメリカズカップ
ウインガニオン
カラクレナイ
ダノンメジャー
ベステンダンク

前走負1.0以上【0-1-0-18】
アメリカズカップ
ウインガニオン
カラクレナイ
マサハヤドリーム

前走東京以外で9番人気以下【0-1-1-28】
アメリカズカップ
ウインガニオン
ケントオー
ダノンメジャー
ベステンダンク
マサハヤドリーム

前走上がり1、2位【0-0-1-14】
キョウヘイ
ケントオー
ストーミーシー
ブラックムーン

ゴールを目前にしてキョウヘイが脱落。スペシャルウィークの系統はちょいちょい来ていますが後方一辺倒ではさすがに厳しいかなあ。リゲルSのレース内容を見るとそれなりに動けるようになったようにも思いますが・・・

生存数【5-2-0-0】 生存馬:ラピッドラン
京都金杯は前が残りやすいにせよ、2014年や2017年のようにペースが上がって差し比べになるにせよ5~8枠が絶望的なので現時点で色々考えるだけ無駄なんだよなあ(疲弊)

消去法成績1着2着3着着外勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
201800000.0%0.0%0.0%0.0%0.0%
20172815148419.9%30.5%40.4%75.7%74.5%
2016171744021.8%43.6%48.7%100.5%79.6%
通算45321812420.5%35.2%43.4%84.6%76.3%
補足
この記事は特別登録段階のものです。出走馬確定段階で該当馬が不在の場合にはどうにかこうにかして差し替えます。また、消去法のデータについては京都金杯2018 予想用過去成績データ傾向まとめを使用して更新しています。消去法の成績に関しては前週終了時点のものになります。