ds5

ミスプロ系を除く前走10着以下【0-0-0-31】
カムフィー
グランアルマダ
サイモントルナーレ
デルマサリーチャン
フェイムゲーム
プロレタリアト

フェイムゲームがここで脱落。ミスプロ系を例外条件としましたがどちらかというとトウカイトリックのようなレースリピーターであることが例外条件だと思います。カムフィーもリピーターになりますが得意条件の東京や長距離ですら見せ場が全くないのでリピーターだからと機械的に拾わない方が良いでしょう。

前走2200以下で8着以下【0-0-0-18】
グランアルマダ
デルマサリーチャン

グランアルマダがここで脱落。最年少の5歳、関西馬、2走前にOP入りしてフレッシュ感がある、距離延長をそこそこ得意としている、前走は行き脚がつかず度外視できそう、楽に先手をうてそうなメンバー構成、少頭数。買い材料をざっと洗い出しても結構ありますね。

ただ、前走2200以下は【0-3-1-21】と勝ち切るまでに至っておらず、2桁着順となると掲示板に載るのもひと苦労となっています。なので「展開が向いて残れそう」とか思わないこと(備忘録)

前走1000万下【0-0-0-5】
該当なし

前走1600万下の5歳【0-0-0-5】
該当なし

前走4着以下の関東馬【0-0-1-32】
アルバート
カムフィー
サイモントルナーレ
デルマサリーチャン
フェイムゲーム
プレストウィック
プロレタリアト

アルバートがここで脱落。リピーターが強いレースだからアルバートはとても怖いですね。アルゼンチン共和国杯で4着【0-0-1-1】だし、アルゼンチン共和国杯で負0.7【1-0-0-0】だし、走破タイムだけで言えば去年よりも2.8秒も速いし、その前のオールカマーも不利があったし、ムーア騎手だし・・・(未練)

うーん・・・まあ過去5年外の話になってしまいますがナリタトップロード(2000年)やトウカイトリック(2007年)のように1倍台の馬が4着に敗れているケースもありますからね。去年も抜け出しを図ったファタモルガーナを捕まえるのに一苦労してましたから付け入る隙はあるかもしれません。

あとプレストウィックも脱落してますね。前走は馬なり中心の調整だったこともあってか出足がつかず後方から。最内を通って良い感じで加速してきたところで前が壁になってしまいました。1着が2分30秒0という高速勝負となって負担の大きいレースだとしたら、終い流すようにして走っていたのでむしろ内容としてはガス抜きができて良いかもしれません。これで丹頂Sのように一杯に追ってピリッとレースに集中してきたら面白いと思います。

7歳【0-0-0-9】
フェイムゲーム

前走4番人気以下の3、4歳【0-0-1-6】
該当なし

ノーザンダンサー系【0-0-1-5】
デルマサリーチャン

前走上がり34.0~35.9の6歳【0-0-0-9】
アルバート
シホウ
プレストウィック
プロレタリアト

ゴールを目前にしてシホウが脱落。前走上がり34.0~35.9の6歳は不振で、上位人気に支持されたフォゲッタブルやメイショウカドマツが着外に敗れています。スランプから抜け出しつつあるキングカメハメハ産駒ですがここは静観の方向で。

生存数【5-5-2-0】 生存馬:シルクドリーマー
ロベルト系【0-0-0-5】ということよりも休み明けであることが非常に気になるんだよなあ。成績を見るとアルゼンチン共和国杯あたりのレースを使って欲しかったところですね。これならアルバートやプレストウィックを強引にでも残すべきだったかも・・・

まあここはリフレッシュしたことが良い方にでることを期待しましょう(他力本願) メトロポリタンSは12秒前後のワンペースで2着、目黒記念は直線半ばで先頭に立って見せ場を作る、札幌日経OPはロングスパートで2着。持久力に関しては申し分ないと思います。メトロポリタンSや札幌日経OPで前述のプレストウィックに先着しているからなんとかこの馬にだけは先着してもらいたいですねえ。

今一瞬キタサンブラックと同じベクトルのシュヴァルグランが思い浮かびましたが・・・(不安)

消去法成績1着2着3着着外勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
20172512147619.7%29.1%40.2%78.2%76.0%
2016171744021.8%43.6%48.7%100.5%79.6%
通算42291811620.5%34.6%43.4%86.7%77.4%
補足
この記事は特別登録段階のものです。出走馬確定段階で該当馬が不在の場合にはどうにかこうにかして差し替えます。また、消去法のデータについてはステイヤーズS2017 予想用過去成績データ傾向まとめを使用して更新しています。消去法の成績に関しては前週終了時点のものになります。