ds6

ディープインパクト産駒を除く前走1700以上で勝0.0-0.2【0-1-2-16】
クリノクーニング
サージュミノル
シスターフラッグ
ディバインブリーズ
ロックディスタウン
ロードトレジャー

クリノクーニングがここで脱落。オルフェーヴル産駒、レコード勝ち、2着カレンシリエージョが後続に8馬身差つけていることから人気になりそうですね。当初はクリノクーニングが残りましたが、去年の消去法(1番人気8着タガノアシュラ)とかなり似たパターンだったのでどうにかこうにかして脱落して貰いました。

今年は馬券に絡むとかないよね・・・?

前走2番人気以下で勝0.3以上【0-0-1-7】
ファストアプローチ

前走4番人気以下【0-0-0-22】
サンダベンポート
サージュミノル
ダブルシャープ
ミスマンマミーア

道営のダブルシャープとミスマンマミーアが揃って脱落。人気薄でOPを好走していた道営のリッジマンやジェネラルグラントは掲示板に載ることすらできず、コスモス賞を快勝していたラヴアンドポップも差して届かず4着に敗れています。ここは前走上位人気の馬を中心とします。

前走札幌芝1500で4角1、2番手【0-0-0-6】
ファストアプローチ

前走勝0.3以上を除くノーザンダンサー系【0-0-1-9】
ダブルシャープ
マツカゼ

前走新馬、未勝利の牝馬【0-0-1-7】
カレンシリエージョ
シスターフラッグ
ロックディスタウン

カレンシリエージョがここで脱落。超高速馬場でも時計のかかる馬場でも圧倒的なパフォーマンスを見せているように非常に完成度の高い馬ですね。ただ、札幌2歳S(札幌開催)は牝馬が苦戦しており、芝1800を快勝していたレッツゴードンキでも連対を外しています。(最近はどうか知りませんが)圧勝したハービンジャー産駒は信用してはいけないということで。

あと先週の札幌はキングマンボ系がよく来ていましたね。札幌2歳Sもキングマンボ系【1-0-2-3】と相性がいいだけにシスターフラッグ(とディバインブリーズ)の脱落も残念だったり。シスターフラッグは父ルーラーシップ、叔父ゴールドシップという血統からして時計のかかる馬場はいかにもよさそうですけどね。

前走逃げて上がり35.4以上【0-1-0-12】
サージュミノル

前走1600以上で上がり2、3位【0-1-2-15】
ディバインブリーズ
マツカゼ
ロジャージーニアス
ロードトレジャー

ロジャージーニアスがここで脱落。キングマンボ系がよく来ていて、時計のかかるワンペースの札幌芝1800ならネオユニヴァース(系)も向いている感じもしますけどね。新潟芝1800を楽勝していたミッキーユニバースが敗れていて未勝利組の成績もよくないのでスルーの方向で。

前走オープンで3着以下【0-0-1-5】
ヴィオトポス

生存数【4-3-0-0】 生存馬:コスモインザハート
コスモインザハートの勝った新馬は超高速馬場のおかげか例年の札幌2歳Sのようにワンペースになったんですよね。直線半ばで抜け出して終いまできっちり伸びていて持久力がある馬だと思います。英国ダービーを目標にしていたトラストに続いてもらいたいところです。

消去法成績1着2着3着着外勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
2017176125419.1%25.8%39.3%77.1%78.4%
2016171744021.8%43.6%48.7%100.5%79.6%
通算3423169420.4%34.1%43.7%88.0%79.0%
補足
この記事は特別登録段階のものです。出走馬確定段階で該当馬が不在の場合にはどうにかこうにかして差し替えます。また、消去法のデータについては札幌2歳S2017 予想用過去成績データ傾向まとめを使用して更新しています。消去法の成績に関しては前週終了時点のものになります。