札幌競馬場で行われたエルムステークス(G3 ダ1700)は岩田康誠騎手騎乗の5番人気ロンドンタウン(牡4 牧田和弥厩舎-栗東)が優勝した。通算成績は[6-3-0-10]となり、重賞は2勝目となった。勝ちタイム1:40.9(重)はレコードタイム。ロンドンタウンから1/2馬身差の2着には1番人気テイエムジンソクが入り、さらにハナ差の3着には8番人気ドリームキラリが入った。エルムステークスの結果成績については下記の通り。

エルムステークス結果・全着順
2017年8月13日(日) | 1回札幌6日 | 15:25発走 | ダ1700(重)
馬名斤量騎手タイムオッズ複オッズ人気
122ロンドンタウン牡457.0岩田康誠01:40.912.22.1 - 5.65
234テイエムジンソク牡556.0古川吉洋01:41.01/21.51.1 - 1.11
333ドリームキラリ牡556.0三浦皇成01:41.0ハナ38.34.7 - 14.38
411コスモカナディアン牡456.0丹内祐次01:41.42.1/216.82.3 - 6.36
5814ショウナンアポロン牡756.00.001:41.51/2266.719.9 - 63.213
646リッカルドセ657.0黛弘人01:41.5クビ51.76.1 - 18.610
769ピオネロ牡656.0C.ルメール01:42.246.01.4 - 3.02
845オヤコダカ牡556.0石川倭01:42.3クビ25.03.8 - 11.27
958ラインハート牝654.0丸山元気01:42.43/4255.926.6 - 84.712
10610モンドクラッセ牡656.0勝浦正樹01:42.71.1/211.82.3 - 6.33
11813メイショウスミトモ牡656.0四位洋文01:42.7ハナ42.93.9 - 11.59
12711クリノスターオー牡756.0幸英明01:43.2312.21.9 - 4.94
13712リーゼントロック牡656.0坂井瑠星01:43.3クビ84.36.8 - 21.111
1457タマモホルン牡656.0左海誠二01:45.7340.234.1 - 109.014
コーナー通過順位
1コーナー3,4,7(2,10)(1,6,11)(5,12)(8,9)13,14
2コーナー3,4,7(2,10)(1,6,11)(5,12)(8,9)13,14
3コーナー(*3,4)(2,6,10)(1,7)(5,11)(8,12,9)13,14
4コーナー(*3,4)(2,6)(1,10)-(8,5)14-12(7,11,9)13
ラップタイム
100m300m500m700m900m1100m1300m1500m
6.817.429.241.553.465.076.788.5
6.810.611.812.311.911.611.711.8
1700m
100.9
12.4
払戻金
単勝21,220円5人気枠連2 - 3850円3人気馬連2 - 4850円4人気
複勝2250円4人気ワイド2 - 4410円4人気馬単2 → 42,900円10人気
4110円1人気2 - 33,570円34人気3連複2 - 3 - 47,760円28人気
3550円9人気3 - 41,160円13人気3連単2 → 4 → 363,650円179人気
ロンドンタウンの四代血統表
カネヒキリ フジキセキ サンデーサイレンスHalo
Wishing Well
ミルレーサーLe Fabuleux
Marston's Mill
ライフアウトゼアDeputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Silver Valley Mr. Prospector
Seven Valleys
フェアリーバニヤン Honour and Glory Relaunch In Reality
Foggy Note
Fair to All Al Nasr
Gonfalon
キャタラクトStorm CatStorm Bird
Terlingua
Queen Tutta Kris S.
Tutta

エルムステークスを勝ったロンドンタウンは新冠町松浦牧場の生産馬で父カネヒキリ、母フェアリーバニヤン(父Honour and Glory)という血統。父カネヒキリはJRA重賞初勝利となった。今年はアルタイルなどが活躍し、前週終了時点でリーディング27位となっている。

レースメモ&回顧
三浦皇成騎手騎乗の8番人気ドリームキラリが逃げる展開。900m通過タイムは53.4秒。札幌ダ1700の3歳上重賞&オープンクラス平均タイムが54.6秒。時計の出る馬場コンディションだったことを考えればオーバーペースという訳ではない。

ご注意
結果・成績などのデータは必ず主催者発行のものと照合し確認してください。