ds5

前走追い込み【0-0-0-12】
メイショウスミトモ

ロベルト系【0-0-0-5】
ヨヨギマック

ミスプロ系【0-0-2-9】
マイティティー
モンドクラッセ

前走芝【0-0-0-5】
ラインハート

前走札幌【0-0-0-5】
ラインハート

前走OPで負0.3以上【0-0-0-13】
ショウナンアポロン
マイティティー
メイショウスミトモ
ヨヨギマック
リッカルド
リーゼントロック

前走負0.3-0.5【0-0-0-8】
ドリームキラリ

前走負1.0-1.9【0-0-1-13】
メイショウスミトモ
モンドクラッセ
ヨヨギマック
リッカルド
リーゼントロック

前走7着以下【0-0-1-16】
ショウナンアポロン
タマモホルン
マイティティー
モンドクラッセ
ヨヨギマック
ラインハート
リッカルド
ロンドンタウン

前走函館で2番人気以下【0-0-0-16】
ショウナンアポロン
マイティティー
メイショウスミトモ
ヨヨギマック
リッカルド
リーゼントロック

57.0kg以下かつ前走1600以下【0-0-0-8】
オヤコダカ
タマモホルン

オヤコダカがここで脱落。前走の星雲賞では後続に3.1秒差をつけて圧勝しており、それ以前にもダートグレード競走入着級を相手に楽勝や惜敗していることからも穴人気しそうですね。この3走は馬場コンディションを考慮しても優秀な時計で昨年より力をつけているのは間違いないでしょう。

ただ、距離延長組は掲示板すらままならないのが気になるところです。このデータは地方馬、休み明け、下降線の馬で構成されておりますが、復調していたブライトラインが完敗を喫しているように注意が必要です。例年のエルムSは12秒前後の速いタイムが続き、上がりがかかるというタフな展開になるため持久力がないと厳しいでしょうね。

57.0kg以下かつ牡7【0-0-0-6】
クリノスターオー
ショウナンアポロン

クリノスターオーがここで脱落。7歳もちょいちょい来ていますが馬券に絡んでいるのはG1馬なんですよね。クリノスターオーは重賞3勝&入着多数と実績十分で、エルムS2着(+0.0)、4着(+0.3)、2着(+0.0)と適性もありますが・・・。

前走2番人気以下の関東馬【0-0-1-10】
コスモカナディアン
ショウナンアポロン
モンドクラッセ
ラインハート
リッカルド

コスモカナディアンがここで脱落。ショウナンアポロンのように強い競馬をしていてもダメなようで、とにかく関東馬は1番人気に支持されていることが前提条件のようです。

前走2番人気【0-0-1-9】
コスモカナディアン
ピオネロ
メイショウスミトモ

ピオネロがここで脱落。前走2番人気が不振で、前走マーキュリーカップ2番人気2着だったグランドシチーも連対を外しています。

ピオネロはどんなレースになっても崩れず安定していますが勝ち切れないんですよね。ダート版のサウンズオブアースという感じですね。サウンズオブアースと同じパターンだとするなら好走した次は要注意でしょう。

前走4番人気以下上がり37.0以上【0-0-1-8】
サングラス
ショウナンアポロン
タマモホルン
ドリームキラリ
マイティティー
モンドクラッセ
ヨヨギマック
リッカルド
リーゼントロック
ロンドンタウン

生存数【4-4-1-0】 生存馬:テイエムジンソク
クロフネ産駒らしく強気に攻めれば攻めるほど強い競馬をしますね。この3走の時計は素晴らしく、とても強い内容です。ここは人気でも素直に注目しておきたいところです。

消去法成績1着2着3着着外勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
2017175124820.7%26.8%41.5%83.7%83.8%
2016171744021.8%43.6%48.7%100.5%79.6%
通算3422168821.3%35.0%45.0%91.9%81.8%
補足
この記事は特別登録段階のものです。出走馬確定段階で該当馬が不在の場合にはどうにかこうにかして差し替えます。また、消去法のデータについてはエルムS2017 予想用過去成績データ傾向まとめを使用して更新しています。消去法の成績に関しては前週終了時点のものになります。