ds6

牡6【0-0-2-15】
バンドワゴン
フェイマスエンド
フェルメッツァ

バンドワゴンがいきなり脱落。牡6はなぜか不振で、叩き2戦目で変わり身を見せるかというパターンもダメなようです。バンドワゴンはあの怪我さえなければなあ・・・

8歳以上【0-0-0-7】
クランモンタナ
シャドウパーティー

クランモンタナは去年、一昨年と良い走りをしているとはいえ、さすがにリピーター枠として期待するのは酷かなあ。前走障害→平地重賞で好走した例も聞いたことがありませんし、ここは年齢のデータ通りスルーしておきます。

ロベルト系【0-0-0-8】
該当なし

前走福島で4番人気以下【0-0-1-24】
シャドウパーティー
タツゴウゲキ
フェイマスエンド
フェルメッツァ

前走福島とは関連性は薄く、前走七夕賞1~3番人気【1-1-1-3】以外はノータッチで良いみたいですね。

前走OP【0-0-0-12】
シャドウパーティー

前走1900以下【0-0-1-17】
サンマルティン
ベルーフ

ベルーフがここで脱落。2年連続2着しているだけにノーカンでも良いような気がしますけどね。前走エプソムC(10着からの参戦)は【0-0-1-0】だったりしますし。とはいえ、ベルーフは勝ち切るまでに至っていないのも事実なので今回は別の馬に目を向けてみたいと思います。

デインヒル系(というかハービンジャー産駒)を除く前走負1.0以上【0-0-0-12】
シャドウパーティー
スピリッツミノル
フェイマスエンド

前走1600万下で1着【0-0-0-5】
サンマルティン
ストロングタイタン

ストロングタイタンがここで脱落。前走中京芝2000(1600万下)を快勝したアングライフェンやダノンバラードが人気になりながらも着外に敗れており、過信はできません。ローカルのワンペースだとストロングタイタンはやたらと走るんですけどね。

前走1600万下で3番人気以下【0-0-0-7】
サンマルティン

前走11~16番人気【0-0-0-19】
ケイティープライド
シャドウパーティー
フェイマスエンド

前走2~5番人気のディープインパクト産駒【0-0-0-6】
クランモンタナ

前走障害で2番人気だけどいいのかな・・・?

前走4角2番手【0-0-1-10】
該当なし

前走七夕賞で4角2~5番手【0-0-0-6】
フェルメッツァ
ヴォージュ

ゴールを目前にしてヴォージュが脱落。前走七夕賞で1~3番人気【1-1-1-3】という好データがあり、負0.7のステイゴールド系ということでエクスペディションに重なるところがありますが、七夕賞で先行している馬は要注意で重賞勝ちの実績馬ですら掲示板がやっとという状況です。

前回の消去法で残った馬:バンドワゴン ヴォージュ

生存数【5-5-1-0】 生存馬:カフジプリンス
2016年1着クランモンタナ(母父)、2014年1着サトノノブレス(母父)、2013年1着メイショウナルト(父母父)といった具合に小倉記念はトニービン(グレイソヴリン系)の血と相性が良いんですよね。2011年以前もよく馬券に絡んでいて、1分57秒台がよく出る=持久力要素が強いということでトニービンの出番ということなのでしょう。

小倉記念のたびにトニービン云々という話をしては外している気がしますが、これぐらいしかネタがないんだよなあ。まあカフジプリンスも長距離で実績があることだし、今回はこの馬に注目したいと思います。

消去法成績1着2着3着着外勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
2017175124621.3%27.5%42.5%85.8%85.9%
2016171744021.8%43.6%48.7%100.5%79.6%
通算3422168621.5%35.4%45.6%93.0%82.8%
補足
この記事は特別登録段階のものです。出走馬確定段階で該当馬が不在の場合にはどうにかこうにかして差し替えます。また、消去法のデータについては小倉記念2017 予想用過去成績データ傾向まとめを使用して更新しています。消去法の成績に関しては前週終了時点のものになります。