ds6

前走ダ1800のG3で上がり37.5~37.9を除く56.0kg【0-0-1-40】
アメリカンウィナー
エルマンボ
クリノスターオー
グレイトパール
コパノチャーリー
タガノエスプレッソ
タガノゴールド
ドリームキラリ
ピオネロ
マイネルクロップ
マイネルバイカ
メイショウイチオシ
メイショウウタゲ
メイショウヒコボシ
ヨヨギマック
リーゼントロック
ロワジャルダン

56.0kgばっさり切れるわ~ぐらいにしか考えていませんでしたが(小声)、クリノスターオーは平安S【1-2-0-0】で56.0kgだと【1-1-0-0】なんですよね。データ的には例外としてもいいかもしれません。もっとも、休み明けで仕上がりに不安があり、前走がJRAのレースであることが前提条件であるため割引が必要かと思います。イメージ的にはこの馬なんだけどなあ。

余談ですが、コリアCはG1とされていますがJRAの基準(というかInternational Cataloguing Standards)ではOPに分類されます。そのため、2着では本賞金が加算されません。陣営のブログによるとレース後にそのことを知って肩を落としたとか・・・。

56.0kgのミスプロ系【0-0-1-14】
エルマンボ
グレイトパール
コパノチャーリー
メイショウウタゲ
ロワジャルダン

関東馬【0-0-0-14】
アメリカンウィナー
エルマンボ
グレンツェント
ロワジャルダン

関東馬は不振で好位につけたとしても掲示板までとなっています。グレンツェントは関西圏でも実績あるんですけどねえ。

前走OP&1600万下【0-0-1-24】
アメリカンウィナー
エルマンボ
カゼノコ
グレイトパール
コパノチャーリー
タガノゴールド
マイネルバイカ
メイショウイチオシ
メイショウウタゲ
メイショウヒコボシ
ヨヨギマック

前走G2【0-0-0-6】
クリソライト
ラストインパクト

前走先行以外で1着【0-0-0-9】
ケイティブレイブ
コパノチャーリー
タガノゴールド

ケイティブレイブがここで脱落。安定して前に行けて2000以上でクリソライトやアムールブリエ相手に快勝しているから条件的には合いそうですけどねえ。前走G3で1着【0-1-1-3】で、アンタレスSで好位から押し切ったクリノスターオー(2着)とナムラビクター(3着からタイム差なしの5着)が敗れているだけに過信はできないということかな。

前走上がり1位【0-0-0-7】
タガノエスプレッソ
タガノゴールド
ピオネロ

前走上がり36.5~36.9【0-0-0-9】
アスカノロマン
マイネルクロップ
リーゼントロック

ゴールを目前にしてアスカノロマンが脱落。昨年は平安Sリピーターのクリノスターオー相手に楽勝していて適性的には言うことないんですけどね。たまたまそこに消しやすいデータがあったから仕方なく消えてもらいますが・・・。


生存数【4-4-3-0】 生存馬:ロンドンタウン
そんなこんなでロンドンタウンが残りました。アンタレスS組かつ57.0kg以上だと【2-3-2-4】と相性が良く、関西馬という条件を加えれば【2-3-2-2】、アンタレスSで上がり1位でなければ【2-3-2-0】となります。この条件をクリアしているアスカノロマンが先に脱落してしまったのならロンドンタウンでしょうがないですね(不安) 前回狙えなかった時点で負けな気がするけどすんなり残ってしまった以上仕方がないかなあ・・・

消去法成績1着2着3着着外勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
201713373323.2%28.6%41.1%85.5%73.2%
2016171744021.8%43.6%48.7%100.5%79.6%
通算3020117322.4%37.3%45.5%94.3%76.9%
補足
この記事は特別登録段階のものです。出走馬確定段階で該当馬が不在の場合にはどうにかこうにかして差し替えます。また、消去法のデータについては平安ステークス2017 予想用過去成績データ傾向まとめを使用して更新しています。消去法の成績に関しては前週終了時点のものになります。