東京競馬場で行われたNHKマイルC(G1 芝1600)は横山典弘騎手騎乗の2番人気アエロリット(牝3 菊沢隆徳厩舎-美浦)が優勝した。通算成績は[2-3-0-1]となり、重賞は初勝利となった。勝ちタイムは01:32.3(良)。アエロリットから1.1/2馬身差の2着には13番人気リエノテソーロが入り、さらに2.1/2馬身差の3着には6番人気ボンセルヴィーソが入った。1番人気に支持されたカラクレナイは17着に敗れている。NHKマイルCの結果成績については下記の通り。

NHKマイルC結果・全着順
2017年5月7日(日) | 2回東京6日 | 15:40発走 | 芝1600(良)
馬名斤量騎手タイムオッズ複オッズ人気
1816アエロリット牝355.0横山典弘01:32.35.81.9 - 2.42
2714リエノテソーロ牝355.0吉田隼人01:32.51.1/237.58.9 - 11.813
336ボンセルヴィーソ牡357.0松山弘平01:32.92.1/214.42.8 - 3.66
4715レッドアンシェル牡357.0福永祐一01:32.9クビ14.54.2 - 5.57
5611オールザゴー牡357.0内田博幸01:33.03/457.112.4 - 16.516
648タイムトリップ牡357.0戸崎圭太01:33.0ハナ19.74.7 - 6.210
7612ミスエルテ牝355.0川田将雅01:33.11/212.24.4 - 5.75
8713トラスト牡357.0柴田大知01:33.3177.414.6 - 19.417
911モンドキャンノ牡357.0C.ルメール01:33.3クビ6.32.1 - 2.73
10510ディバインコード牡357.0柴田善臣01:33.41/222.64.7 - 6.111
1135プラチナヴォイス牡357.0石川裕紀人01:33.4クビ15.24.3 - 5.68
1247ジョーストリクトリ牡357.0武豊01:33.63/417.14.7 - 6.29
1323アウトライアーズ牡357.0田辺裕信01:33.6ハナ7.72.5 - 3.24
1412キョウヘイ牡357.0高倉稜01:33.71/238.211.0 - 14.614
1559タイセイスターリー牡357.0北村宏司01:34.01.3/438.58.4 - 11.115
16817ナイトバナレット牡357.0藤岡佑介01:34.0アタマ100.922.4 - 29.618
1724カラクレナイ牝355.0M.デムーロ01:34.21.1/45.02.0 - 2.51
18818ガンサリュート牡357.0池添謙一01:34.33/429.26.4 - 8.412
コーナー通過順位
1コーナー
2コーナー
3コーナー6(13,16)1(10,18)(5,8)14(4,11,15)(7,12)3(2,9)-17
4コーナー(*6,13,16)(1,10,18)(5,8)14(4,11,15)(3,7,12)(2,9)17
ラップタイム
200m400m600m800m1000m1200m1400m1600m
12.423.334.546.157.969.280.592.3
12.410.911.211.611.811.311.311.8
払戻金
単勝16580円2人気枠連7 - 82,150円9人気馬連14 - 1617,290円58人気
複勝16220円1人気ワイド14 - 164,460円58人気馬単16 → 1427,730円108人気
14950円14人気6 - 161,000円6人気3連複6 - 14 - 1650,600円171人気
6320円5人気6 - 146,400円75人気3連単16 → 14 → 6296,160円994人気
アエロリットの四代血統表
クロフネ フレンチデピュティDeputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Mitterand Hold Your Peace
Laredo Lass
ブルーアヴェニューClassic Go Go Pago Pago
Classic Perfection
Eliza Blue Icecapade
コレラ
アステリックス ネオユニヴァース サンデーサイレンスHalo
Wishing Well
ポインテッドパスKris
Silken Way
アイルドフランスNureyev Northern Dancer
Special
ステラマドリッドAlydar
My Juliet

NHKマイルCを勝ったアエロリットは安平町ノーザンファームの生産馬で父クロフネ、母アステリックス(父ネオユニヴァース)という血統。近親にミッキーアイル(NHKマイルC-G1、マイルチャンピオンS-G1、毎日放送賞スワンS-G2、日刊スポシンザン記念-G3、アーリントンC-G3、阪急杯-G3)などがいる。父クロフネは今年重賞1勝目、通算では33勝目となった。今年はショコラブランなどが活躍し、前週終了時点でリーディング7位となっている。

レースメモ&回顧
2017nhk
2017NHKマイルCラップチャート

1000通過57.9と道中のペースが速くなったことにより上がりがかかると思いきや過去平均とほぼ同水準(0.2秒速い)。土曜日と同じく時計の出る馬場だったこともあるが、バテずに押し切ったアエロリットの実力は評価したいところ。

もうひとつ注目したい点はアエロリットとリエノテソーロで決まったこと。牝馬というくくりではなく、それぞれフェアリーS、アネモネSを好走していたことに尽きると思う。

この2レースは道中のペースがやたらと速く、上がりがかかるという消耗戦。ともにライジングリーズンが勝っていたことから同じ性質だったと言っても過言ではないだろう。アエロリットもリエノテソーロも自ら勝ちに動いて僅差負けに踏みとどまっていて、今回の流れならこの2頭で決まっても不思議ではないと妙に納得したり。

ご注意
結果・成績などのデータは必ず主催者発行のものと照合し確認してください。